2016年04月08日

26追いコン

こんにちは!27の窪田です。
今回は3月29日に行われた26追いコンについて書きたいと思います。

今回の追いコンは一次会と二次会に分けて行われました。
一次会では26、27共に多くの人が参加し、席を移動して多くの人に話しかけ26と27が入り混じって話す姿が見られました。特に一次会しか参加しない27に26がよく話しかけに行っていたように思えます。
二次会では座敷席だったこともあり、一次会のように席を移動して多くの人と話すというよりは近くに座った人との会話を楽しむスタイルに。二次会も26、27問わず様々な会話をしており、26の先輩方と深い話ができた、なんて喜ぶ27の姿もありたいへん盛り上がりました。
私も一次会、二次会共に参加し多くの先輩方とたくさん話すことができ楽しい追いコンとなりました!

さて、次のコンパから新入生が参加してきますね!積極的に新入生に話しかけていき仲良くなっていけたらいいなと思います!
改めまして26の先輩方、今までありがとうございました。
posted by 天文部 at 18:32| Comment(0) | 日記

2016年04月01日

3/21-22 観測会&メンテツアー

 はじめまして、27代宇ゼミ局長の山岸です。宇ゼミというのは部員の天文知識を向上させるために天文教室などを開いている組織です。今回は3/21~22に山梨県小淵沢の観測所で行なった観測会兼メンテツアーについて振り返ります。

 東大天文部は小淵沢に観測所を所有していて、春の新歓観測会などに利用されます。それに先駆けて観測所の掃除や雪かきを行うのがメンテツアーです。せっかく来たんだからついでに観測もしちゃおうということで(むしろこっちがメイン?)観測会兼メンテツアーとなります。電車でも行けるんですが、今回は参加人数が少なかったので一台のレンタカーで向かいました。僕はこの観測所に来るのは初めてだったんですが、最初「着いたよー」と言われたときは意味が分かりませんでした。目の前にあるのは田んぼと青空だけです(下写真参照)。観測所らしきものはないけどな〜と思いながら車を降りみんなの後についていくと、、、プレハブ小屋があります。いや、まさかね、、、と思っていましたが、そのまさかでした。ここが東大天文部自慢の観測所です!電気ガス水道なしという仕様になっていますが、部員は使用料500円で泊まれるので、お金はないけど星は見たいという人におすすめです。
kan1.jpg

 さて、気を取り直して観測所の掃除です。鍵を開けると、写真の手前の棟が生活棟で奥の棟が機材棟になっていました。中は蜘蛛の巣が張っていたり割れたベニヤ板が散らばっていたり掃除のしがいがある状態でしたが、みんなで手分けするとすんなり終わってしまいました。
kan2.jpg

 掃除の後は夜食と翌日の朝食の買い出しです。夕食はというと、近くのローカルなファミレスで食べることにしました。ここのファミレスが素晴らしく、豪華な定食にみんな大満足でした。まさにオアシスといった感じです。今後の観測会でもお世話になることでしょう。

 夕食が済むといよいよ観測です。この日は月が満月に近く月明かりで星が見えにくかったのですが、月明かりがなければかなり綺麗な星空を見ることができると思います。この観測会では個人的な課題を2つ出していて、ひとつが望遠鏡を自分で組み立てること、もうひとつがタイムラプス動画を作ることでした。タイムラプスのほうはインターバル撮影を開始すればあとは放っておくだけなので、その間に望遠鏡の組み立てをしました。詳しい人に教えてもらいながら自分でやってみることで組み立てる手順などがかなり身に付きました。部室から持って行った機材のほかに観測所の機材棟にもいくつか機材があり、その中でも一番大きなものをみんなで組み立てました。その望遠鏡で見た木星は今まで見た中で一番大きく縞模様もくっきり見えました!タイムラプス用に撮った写真もちゃんと撮れていたのでもう満足だ!と思っていたのですが、この時点でまだ22時を過ぎてもいませんでした。この日はとにかく夜が長かったですね。カメラのバッテリーが切れ、月明かりで星座もよく分からない、何をしようか。普段の合宿なら一旦宿に帰ればぬくぬくのお布団が待っているのですが、今回はプレハブ小屋に寝袋があるだけです。このまま寝るのももったいなかったので寝袋を外に持ち出して寝転んで空を眺めていることにしました。ただ、寝転んだ場所が悪かったようです。そこは枯れ草が積み重なってフカフカになっていました。フカフカの寝床に仰向けになると広がる星空、夢の世界にいるようでした。そして僕の意識は遠のいて本当に夢の世界に行きそうになります。意識が消えかかろうとしているとき、かすかに僕の名前を呼ぶ声が聞こえました。目を開けるとそこには部長がいました。部長があのとき声をかけてくれなかったら僕は「翌朝冷たくなって発見」されていたかもしれません。アブナイアブナイ。だいぶ寒くなってきたし眠いのでプレハブ小屋で寝ることにしました。風が当たらないぶん外にいるよりはましでしたがかなりの寒さでつらかったです。
kan3.jpg

kan4.jpg

3時頃に目が覚めて外に出てみると、月もだいぶ沈んで東の空には天の川が見えるようになっていました。カメラのバッテリーも復活したので天の川の写真を何種類か撮影しました。最近は画像編集の技術も勉強していてだんだん色んなことができるようになってきましたが、まだまだイメージ通りに仕上げられるまでにはなっていないので練習します。

過酷な環境での一泊二日でしたが、新歓観測会に向けて掃除をしたり機材を使ってみたり準備を整えることができました。個人的な目標も達成できたので大満足です。

新入生のみなさん、ぜひ新歓観測会に来てください!
posted by 天文部 at 09:00| Comment(0) | 日記