2017年12月09日

駒場祭回顧3 @こうとう機長


こんばんは、恒星投影機(こうとう)の機長をしておりました森兼です。広報担当もしておりました。さて、天文部最大のイベントであるプラネタリウムは今年も無事成功を収めることができました!それについて振り返っていきますが、駒場祭当日の模様は他の人が書いてくれたこともあり、僕はこうとうにフォーカスして振り返ろうと思います。こうとうとはプラネタリウムの中で、一等星と天の川以外のすべての星を映している投影機です。以下こうとうで通します。


―――――――――――――


引継ぎ(4月)から振り返るとキリがないし、こうとうが本格始動した8月から振り返ってもやっぱキリがないので、やはり駒場祭前日からのスタートですね。
こうとうは例年作業量が多く前日、あるいは当日までもつれこむのですが、今年は特にギリギリでした。どうギリギリかはさておき、こうとう以外の人がみんな前日準備に奔走するなかこうとうだけなんにも手伝わず無限にチマチマやっていてとても申し訳なかったのを覚えています。

そんなわけでいろんな人に迷惑をかけつつ、時間ぎりぎりまで準備、調整した結果何とか星空が完成しました。こうとうの調整は例年大変に時間をとっているのですが、今年はとある改善をいたしまして、早く終わる……はずだったのが僕の段取りが下手くそすぎて結局プラマイゼロでした。かなc。

こうとうはじめメインの投影機は、1日目、2日目の公演後もさらに調整を挟みます。再調整、再々調整です。初日の星空は「星座が結びづらい」とのことで、「星座を結ぶ星だけちょこっとデカくする」セコい作業をしていました。セコいですが、うちのこうとうはどうしたって実際の空よりコントラストはつきにくいので仕方がないことでした。
おかげか2日目、3日目の星空はとっても星座が結びやすく好評でした!プラネタリウムは星座が結べないとマジで面白くない(たぶん)(神話鑑賞会になりそう)のでここでなんとか改善できてよかったです。微妙にずれていた星座も整えなおし、3日目には無事パーフェクトな星空がととのいました。
こうとうを直すと星座絵いっとうぎんとうも強制的に直すことになるのでそこは本当にすみませんでした。


―――――――――――――


こうとうの醍醐味、というか嬉しいポイントはやはり明かりがいっせいに消え、星空が広がった時の お〜〜〜!! ですね。あれだけでやってよかったと思えます。
心なしか日を追うごとに歓声が増してった気がして、頑張って調整しなおした甲斐が……たぶん人が増えただけです。調整関係ないです。けれども公演で、星座を結ぶセリフのときに話す側は自信もってポインター指して、お客さんもこれか!と多分うなずいて、そこで一体感みたいなものが生まれていた気もします。星座でっかくしてよかったです。


作業をしてきていくつか目標をポコポコ立てていたのですが、最後にポコッと立った目標は「星座が結べる星空に!」でした。結局プラネタリウムは星座が結べないとマジで面白くない(たぶん)ので、星のムラをなくすとか、星の像をきれいに、とかよりも最終的には先駆けてデカくしていました。今年は星の数が例年より少なめ、ムラも残っていて完璧ではなかったけれど、しかし納得の出来でした。今年星座わかりやすいねってOBOG何人かおっしゃっていてやったぜと思いました。

前述のとおりいろんな人に迷惑をかけつつ今年のこうとうは完成しました。ありがとうございました。こんな拙文にチョロチョロ時間溶かしているあなたもありがとうございました。
posted by 天文部 at 21:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: