2014年05月27日

梅雨合宿


こんにちは!
24代広報の陶山です。

今回は5/24〜25に行われた梅雨合宿についてです!
そもそもなぜ引退したはずの24代の僕がこの記事を書いているかというと、例年梅雨合宿は現役執行代の1つ上のOBの代が企画することになっているからです。そういった事情もあって、24代にとってはこれが最後の公式の合宿であると同時に、25代だけでなく、今年新しく入ってきてくれた26代とも交流を持てる、貴重な合宿になっています。

さて、前置きが長くなってしまいましたが本題へ!

今回梅雨合宿で訪れたところは、天文部員ならいろいろと馴染みの深い、山梨県北杜市にある、
「白州・尾白の森名水公園べるが」です。
例年梅雨合宿や冬合宿が行われるところなので、訪れた経験のある部員も多いのではないでしょうか。
冬になると夜の寒さが大変厳しく、積もった雪の印象も深いべるがですが、今回は梅雨入り前の新緑の季節であったため、過ごしやすい天気でした。

バスがべるがに到着し、部屋割りが発表されると、後は夕食まで各自自由行動です。今回の合宿では夕飯作りも24代が主導して行いました。毎度毎度美味しい料理を大人数分作ってくれるコック長やコック、お手伝いのみんなには頭が上がりませんね…それ以外の人は部屋でおしゃべりをしたり、周辺を散策したり、近くの温泉施設に行って温泉に入ったりなどと、各々が自由に過ごしていたようです。(中には近くの滝に行き、滝行をする猛者も…笑)

梅雨合宿 (3).jpg

そしてみんなで夕飯のカレーを食べていると、天文部合宿恒例のお誕生日イベントが!
音楽と共に登場してきたのは、メイド服を着た25総務の宮代君です!普段のクールでかっこいい一面とはまた違った一面を見れて部員のテンションは高まるばかりでした笑 写真撮影にも快く応じ、ファンへのサービス精神満載だった宮代君、お疲れ様でした!笑
お誕生日を祝われた25もみんなとても嬉しそうでした!
その後合宿参加者の自己紹介も終わり、食堂を出て空を見上げてみるも、あいにくの曇天…

梅雨合宿 (1).jpg

夜中に晴れることを祈りつつ、部屋で交流を深めたり、24代の音田君の星空解説をみんなで聞いたりして過ごしました。
その後もなかなか天気は回復せず、日付が変わる頃にはナイトウォークに出かける人達も。
普段は体験できない、真っ暗な森の中での散歩にテンションがあがった人も多いのではないでしょうか(怖い話はほどほどにしましょう…笑)

あいにく最後まで観測の機会には恵まれませんでしたが、普段あまり話す機会のない人と話せたり、新入生は合宿の雰囲気を知るいい機会になったのではないでしょうか。

翌日の朝、眠い目を擦りながら部屋を片付け、集合写真を撮るとバスは駒場へ。
駒場について、解散と思いきやもう一つイベントが!
天文部では毎年駒場祭で、自作したプラネタリウムを公開するのですが、そこで使うプラネタリウムのドームを部室から運び出して一度畳んである状態から広げて、夏場の湿気で駄目になってしまわないよう乾燥剤を取り替えるということをことを、この時期にしなければなりません。
ドームの重さおよそ250kgもあり、これを逞しい25.26男子が何人かでやっとの思いで部室から運び出し、それからは女子も含めてみんなでドームを広げ、苦労の末無事に乾燥剤を取り替えることができました。

24としては25のプラネタリウム作りの第一歩を見れた感じがしてとても嬉しかったし、今年の駒場祭がすごく楽しみですね!!

以上、24広報の陶山がお送りしました!

梅雨合宿 (2).jpg

posted by 天文部 at 15:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: