2017年12月08日

駒場祭回顧2 @ぎんとう機長

こんにちは。銀河投影機(略してぎんとう)の機長だった水田です。ぎんとうのことについてなんとなく回顧したいと思います。
銀河投影機は天の川を投影しています。全天を1周する天の川を4つの投影機に分けて投影しています。特に夏の星空では主役と言えるくらい目立つ天の川を投影できるため、花形投影機の1つと言えると思います。昨年のプラネタリウムを見て、何かしらを投影する投影機に憧れていて、実際にぎんとうの機長になることが出来ました。
3月に引き継ぎがありましたが、27ぎんとう機長の先輩はよく、ぎんとうを「未完の投影機」とおっしゃっていました。レンズ式にしたのは27代が最初なのでそうおっしゃっていたのだと思いますが、僕はもうほとんど改善するとこなんてないのでは、とその時思いました。そんな中で僕が改善してみようと思ったところは、天の川の長さを合わせることと、昨年よりも見た目に近い自然な天の川にすることでした。
ぎんとうはおそらく一番作業量が少ない投影機で、順調に進んでいたはずだったのですが、リハーサルで長さの計算を間違えていて、短すぎるということがわかりすべて作り直したりしていました、結局あんまり楽できなかったですね。
今年の主な改善点としては、原板の大きさを変え、質のいいレンズを購入し、またピントを調整しやすくする機構を新たに作りました。
前日準備ではこうとう、いっとうの後に位置とピントの調整がありましたが、レンズの収差の影響か、端が暗くて見えなかったため、実質的な長さを短くせざるを得ないことがここでわかりました。結局、長さが足りなくてカシオペヤ座あたりに天の川の切れ目ができてしまいました。まあ実際の星空でもあのあたりは全然見えないし別にいいかなあと。さて、1つ修理して後で調整ということになったのですが、修理を終えて雰囲気で位置を合わせて調整を待っているうちに寝てしまい、気が付いたら補助投影機の調整が始まっていました。調整がほぼ出来ていない中で最初の公演になったので天の川が変な位置にあったらどうしようか不安で仕方なかったのですが、案外ずれてなかったらしいです。よかった。
2日目以降は、おそらく調整はうまくいっていたと思います。ピントをしっかり調整できるようにしたことで、天の川のぼやけ方の調整ができるようになって、質感を再現できたのではと思っています。ドーム内で公演を見ていた時は、自分でも見とれてしまうくらい美しくできたと思いました。部員や見に来てくださった先輩方に天の川綺麗だったと言われたときはとても嬉しかったです。
最終公演のあと、達成感と満足感が大きかったと同時に、もうこんな星空を作ることもないと思うと寂しくもありました。ですがそんな余韻に浸る暇もなく片付けやら決算やらに明け暮れていたら、いつの間にか引退していました。

ぎんとうはレンズ式になってまだ2年目ということもあって、長い歴史のある他の投影機にくらべるとまだ作り方が確立されていない投影機だったように思います。その分自分たちで改善できる余地が大きい投影機でもありました。いろいろと実験をして試行錯誤して、というのはちょっとしんどい時もありましたが結構楽しかったです。特に、新しい機構を試してうまくいったときはとても嬉しかったです。
ぎんとうのメンバーをはじめとして、支えてくれた部員のみんなには感謝しています。いろいろな人が支えてくれるのはとても幸せでした。本当にありがとうございました。
posted by 天文部 at 21:00| Comment(0) | 日記

駒場祭回顧1 @駒場祭担当

ブログでは初めまして。駒場祭担当(プラネタリウム企画責任者)をしておりました横山です。今年も駒場グランプリ学術・展示(だっけ)部門1位を頂き成功を収めたプラネタリウム〜願いが叶う夜〜当日の様子について軽く振り返ってみたいと思います!立場に比べると短くて軽い文にしたつもりですが、長文にしばしお付き合いください(笑)。

〜〜準備日〜〜
プラネタリウムの前日準備は朝8時から始まります。はやい。特別に許可を頂き、TBA様が練習する中で第二体育館を半面貸していただき準備を始めました。TBA様には急なお願いとなった上に練習中巨大なドームを立てる、という集中を大いに削ぐ行為をしてしまい申し訳ありませんでした。準備は順調に進み、無限の調整へと入りました。

〜〜1日目〜〜
さあいよいよ迎えた駒場祭。調整の時間が(予想通り)おしてしまったため、最初の上映は2つ潰れました。この2つをご覧になる予定だったお客様、申し訳ございませんでした。しかし、潔く2つ潰した甲斐もあり初回上映ではなんと!!こうとうOK?、いっとうOK?、ぎんとうもOK?、そしてなんと星座絵もALL OK!!初回上映では万全の星空でお客様を迎えることができました。星座絵については個人的に快挙だと思っています。2回目の上映で星座絵が点いていなかったりするのは内緒です。
そして初日の上映のトリを飾るのは小倉・長谷部ペアのライブ解説。僕も本番で初めて聴いたのですが、高等な豆知識を挟みながらおもしろく分かりやすく解説をしてくれる、東大生ペアらしいとてもよい上映をしてくれました。部長演じるペルセウスも最高でしたね。

〜〜2日目〜〜
さらなる調整を挟んで迎えた2日目の星空は、我(ら)ながら美しく素晴らしいものでした。この日から土日というのもあり、満席のためお断りするという申し訳ない対応を取らざるをえないほどお客様の数も増えました。大変ありがたいことです。

〜〜3日目〜〜
さあついに来ました11/26(日)。今日はSOC tourファイナル、あのカリスマレゲエパンクバンド・SiMが駒場祭に来る!!!!!!!!!!もう僕は死ぬほど見たかったです。今のは聞かなかったことにしてください。そうです、3日目の初回上映はなんとお隣のグラフェスで行われるSiMのライブと丸被りだったんです。いつもグラフェスによる騒音に悩まされる天文部ですが、この時はいつもよりグラフェスもうるさくて、解説が聴こえないんじゃないかと本当にヒヤヒヤしました……。しかし僕はドームの中からでもライブに参加しようと必死でした。公演中は必死で心を鎮めながら担当の仕事をしてました。まさにSilence iz Mineです。ここまで冗談でした。そんな騒がしい中ですごく面白いライブ解説をしてくれた森兼・河合ペア、ありがとうございました。
3日目の上映も非常に多くのお客様にご来場いただきたいへん嬉しいです。3日目にはもう非の打ち所無しの星空をお客様へお届けすることができました。そんな感じで今年も駒場グランプリ学術・なんとか部門1位を頂きました!!これで6年?連続1位らしいです、すごいですね。今年から投票形式が変わり、これだと多分1位は無理だろうしそもそも狙わんわって思ってたら1位でした。冷静に死ぬほど嬉しいです。最終公演の直後ダッシュで表彰式に向かい、死んだ顔で表彰されました。大変光栄です。表彰式の余興では早く体育館に帰りたい一心で謎にジェンガを積むゲームした結果、ビリでした。陰キャなのでそそくさとステージから退散。
最後は例年通り上映を少し早めに切り上げて後片付けを頑張りました。今まで創り上げたものはあっさり消え去り、プラネタリウムはまた来年の代の1からの挑戦となりました。

〜〜まとめ〜〜
今年のプラネタリウムは、屋外で行うリハーサルの開催が立てつづけの雨天により絶望的であったことなど悪条件が重なり、今年は無事本番を迎えられるか不安でしたが、その大きな遅れを感じさせないほどのクオリティの星空を完成させることができました!プラネタリウムの星空は僕たち自身も当日初めて見ることができるので、制作の達成感は最早達成感という言葉では足りないほど大きなものです。自分達の作ってきたものの大きさに圧倒され、本当に夢のような3日間でした。今でも夢なのではないかと思うくらいです。お察しの通り語ると止まらないので、ここらで無理やり切り上げます。(笑)
当企画に足を運んでくれたお客様、ご来場本当にありがとうございました!また来年のプラネタリウムにも是非お越しください!
posted by 天文部 at 21:00| Comment(0) | 日記

2017年10月17日

9月回顧 by親方

こんにちは!
28でお誕生日委員長を務めております、親方こと遠藤です!たまにみんなの前に立ったりすることもあるので、顔だけでも見たことある人がいてくれるのではないでしょうか…そわそわ。

なぜ親方なんですか?とよく聞かれるのですが、なんででしょうね私もわかりません!(笑)去年のドーム作業中に、ある28部員が付けてくれたあだ名なのです。「なんか親方っぽいから」が理由だそうです。なんでやねん!
しかし私、本名がどうにもありきたりな名前(かな?)なので、あだ名が浸透したことがあまりなかったのです。親方というあだ名はみんなによく覚えてもらえて、みんなから呼んでもらえて、すごく嬉しいです。ありがとう、某28の君!


それでは、9月の天文部の活動を振り返っていきましょう。9月は夏休みの後半戦!みんなの仲良しさも本格化、駒場祭の準備も本格化の時期です。天文部らしい活動が多くてとても楽しい時期でした!

9月の活動は、
@ドーム作業
A秋合宿
Bお月見コンパ
C9月部会
D駒場祭準備
(E観測会)
です。
それでは@から参りましょう〜!


@ドーム作業
夏休みのメインディッシュ(?)、ドーム作業の後半戦でした。相変わらず29のみんなが沢山参加してくれて、嬉しい&感謝の限り!とは言え私自身は、8月終わり〜9月頭にかけて旅に出ていたので、半分くらい参加できませんでした…ごめんなさい。みんなありがとう。
ドーム作業は、作業自体もさることながら、部員達と仲良くなれることも醍醐味です。かく言う私も、去年のドーム作業でみんなと仲良くなれて、あだ名ももらいました(笑)みんなが仲良く楽しく作業できたなら何よりです。
このドームが立ち、星を映し出す日が待ち遠しい!

A秋合宿
秋合宿は、28が正式に参加する最後の合宿!コック達の仕事もなく、最後ということで、思う存分遊んだり話したりと、28も29もみんなで仲良くしている様子にほっこり心が温まりました。最終日には天気にも恵まれ、久しぶりに満天の星空を満喫することができました。個人的には、自分の誕生星座である水瓶座が綺麗に見られたのがとても嬉しかったです!
今回のお誕生日企画は、これまた最後ということで、直球アイドルで勝負しました。センターの若ちゃん、ファンサもたっぷりで可愛かったですね♡セーラー服集団のことは忘れてください。
熱盛でダンスをぶっち切ったのは、決して準備が足りなかったからではなく、ビンゴのためにダンス時間を短縮したのです。そういうことです。\熱盛ィ!/
ビンゴも盛り上がってよかったです。一等賞がお誕生日委員に当たってしまったのは不具合の極みでした。ごめんなさい…。笑

Bお月見コンパ
合宿開けのコンパとは嵐である。
久しぶりに来てくれた子たちがびっくりしちゃいましたね。大丈夫今回だけだから。多分。
かわいい子もかわいそうな子も苦労性な子も色々考えちゃう子もみんなとりあえずゆっくりお休みという感じでした。疲れているときはそうなっちゃうものです仕方ないです。
M兼とN奈は反省してください。

C9月部会
今後の予定一覧にある、卒検・リハーサル・駒場祭の文字がグッときました、そんな時期です。プラネタリウムの構成・構造についての説明もありました。そろそろ本当に駒場祭が近づいているんだ…!と、みんなドキドキワクワクしたことと思います。これからみんなで頑張っていきましょう!

D駒場祭準備
毎週行われる、駒場祭準備が始まりました。担当投影機ごとにみっちり作業詰めです。大変ですが、これも天文部の醍醐味ですね。
私の所属するソフトでは、駒場祭本番で流す音声番組のために、声優の子たちの素晴らしい声を絶賛収録中です。みんな演技がうまい!すごい!かわいい!
各投影機、どこも楽しそうに作業をしています。実はドーム作業もまだあります。ラストスパートのドーム作業は体力的にもキツいものですが、みんな頑張ってくれています。
みんなが作った投影機が投影されるのももうすぐだ〜〜!エモい!あと約二ヶ月間、がんばりましょうー!

(E観測会)
書くべきなのかわかりませんでしたが、実は9月は観測会も行われる予定でした。天候に恵まれず中止になりましたが、28・29合同観測会ということで、みんな楽しみにしてくれていたようです。本当に残念でしたね…。天気はまさに天のみぞ知るなので、仕方がありません。また次の観測会を心待ちにしましょう〜!


以上が、9月の活動となります。
長々と失礼しました!

あと3ヶ月で今年が終わる事実に動揺が隠せません。気がついたら、駒場祭は本当にもうすぐなんですね…!みんなで作った素敵なプラネタリウムが見られる日がたのしみです。

最後まで読んでくださってありがとうございました!☆



【追記】
ちなみに5月回顧を書き忘れた誰かさんは私です。ごめんなさい!!!!
posted by 天文部 at 21:49| Comment(0) | 日記